5月 12

屋形船について気になる事

船に乗る人数に変更があった場合、どうすれば良いのか

屋形船で宴会や花火鑑賞、またお花見をしたいと考えていても、もし初めて船に乗る場合だったり、また幹事をしなければならない場合は、どのように利用すれば良いか困ってしまうものです。
ちなみに船には定員があるので、いくらでも人が乗船出来るわけではありませんし、もし予約をする場合は予め人数を運営会社に伝えなければなりません。
もちろん後日にキャンセルする事も出来ますが、何らかの事情によってイベントや宴会などが中止になってしまった場合は、予約した貸切船の取り消しを行う為にキャンセル料を支払わなければなりません。
運営会社によって異なりますが、基本的に何日前かの取り消しによってキャンセル率が変わってきますし、また当日に近づくにつれてキャンセル費用も高くなってしまいます。
参加人数の変更を行う事も可能ですが、もし参加人数を変更してしまうと船に乗る方に出してくれる料理に影響が出てしまいますし、また前日くらいであれば参加人数の変更を行える所が沢山あります。
沢山の人数変更をするのではなく、仕事などを理由に数人程度参加出来ない場合は、キャンセル料を支払わなくて済む事もあります。
逆に参加人数が何人か増えてしまう場合に注意したのが船の定員であり、何人か増えても船の定員内であったり、また料理の用意が間に合う場合は大体受け付けてくれます。
幹事さんからすれば参加出来ない方からお金を徴収したくなかったり、また無駄な料金を支払いたくないですが、もし人数の変更があった場合は運営会社へすぐに問い合わせて相談をしてみましょう。

屋形船にはカラオケ機材があり、またコンパニオンなどを呼べます

宴会をする際はカラオケが欲しいですが、基本的に屋形船の中にはカラオケ機材が設置されていますし、またタンバリンやマラカスといった小道具が最初から置かれている事があります。
予約をしておけばコンパニオンを呼ぶ事が出来る為、接待や宴会の席などで利用してみて下さい。
その他にも楽器奏者やお笑い芸人、芸者さんを招待することも出来るので、色々な余興を行いたい時には最適です。
このように色々な手配が可能となっているので、利用する目的に合わせて依頼をしてみて下さい。

船酔いについて

屋形船の中で料理を食べたり、また美味しいお酒を沢山飲んでいれば船酔いしてしまいそうだと心配に感じるでしょう。
しかし波や川の流れが穏やかである運行ルートとなっていますし、乗ってみてもほとんど揺れを感じません。
そのため、船酔いについては基本的に心配する必要がありませんが、もし飲み過ぎて気持ち悪くなってしまった場合でもトイレがあるので安心です。
中にはお酒の酔いが回りやすい方もいますが、もし少しでも気持ち悪くなってしまった場合はスカイデッキに出てみましょう。
スカイデッキからでも外の綺麗な景色を眺められますし、また気持ち良い風を感じれば、きっと悪酔いも無くなるはずです。

船に乗る際はライフジャケットを着用しなければならないのか

囲いの無い船であったり、また急激なライン下りや船上で釣りをする場合はライフジャケットを着なければなりませんが、設備が整っている屋形船は揺れが殆どありませんし、また気軽に宴会を楽しめる環境となっている為、基本的にライフジャケットを着なくても大丈夫です。
乗船する際はカジュアルファッションでも構いませんし、また新年会であれば振袖を着たり、夏場は浴衣を着て乗船をしましょう。
仕事終わりの宴会だとスーツ姿で乗船するサラリーマンが沢山いますし、冷暖房は完備となっているので、重装備をしていなくても快適に過ごす事が出来ます。


Posted 2018年5月12日 by author in category 未分類

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA